日本自動車会館
TOP ご挨拶 開設の趣旨 フロア案内 関連イベント案内 関連データ情報案内 MAP
くるまプラザ貸会議室
ご挨拶
一般社団法人 日本自動車会議所 内山田竹志会長/一般社団法人 日本自動車会議所 内山田竹志会長
日本自動車会館運営協議会
代表 内山田 竹志
(一般社団法人 日本自動車会議所会長)



 わが国の自動車産業は、製造、販売・整備、運輸・交通、関連サービスなど広範な関連産業にかかわるすそ野の広い産業であり、全就業人口の1割、全製造業の製造品出荷額や輸出総額においては2割を占めるなど、日本経済や雇用に大きく貢献する基幹産業です。しかしながら、他の主要産業などにみられるような総合拠点としての「会館」が存在しませんでした。

 自動車関係団体をはじめとする関係者の皆さま方のご尽力により、自動車関係業界の念願であった「日本自動車会館」が平成16年3月、東京・港区芝大門に開設されました。

 以来、今日に至るまで、リーマンショックや東日本大震災、歴史的な円高など、日本の自動車産業は数々の試練に直面してきましたが、関係団体・企業などのご支援・ご協力をいただきながら、入館14法人から成る「日本自動車会館」は、「よりよいクルマ社会の実現を目指して、自動車に関連する総合情報の受発信ならびに自動車関連団体・企業の連携強化を推進していく」という開設理念の具現化に向け、地道な活動を続けております。

 情報の受発信拠点としての機能を有する、オープンスペースの「くるまプラザ」では、入館法人はじめ幅広い自動車関係団体の資料や自動車専門紙などが閲覧できるほか、自動車カットモデルや交通安全グッズを常設展示するなど機能の充実を図っております。また、シンポジウムや入館法人交流会、小学生自動車勉強会、交通安全ポスターコンテストなども開催され、会館内のコミュニケーション強化や地域との交流などにも取り組んでおります。

 生産から販売、研究、関連サービス、ユーザー団体など幅広い分野の団体が同じビルに入り「会館」を構成するのは、世界でも類を見ないことであります。会館開設により、総合産業として関連各分野の連携をさらに強めるとともに、入館法人のみならず、関係団体・企業が一丸となって「よりよいクルマ社会」の実現を目指してまいりたいと考えております。



Copyright (c) Automobile Business Association of Japan, All Rights Reserved.